メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローバウェーブ=LINE提供

 何か知りたいことを調べるとき、スマートフォン(スマホ)やパソコンを使い、インターネットで検索をしますが、人工知能(AI)を搭載し、机の上に置かれたスピーカーに話しかけるだけで、簡単に最新の情報やおすすめの情報を答えてくれる「スマートスピーカー」が登場しました。どんなことができるのでしょうか。

 今月、米検索大手のグーグルが「グーグルホーム」(税抜き1万4000円)、無料通信アプリのLINEが「クローバウェーブ」(税込み1万4000円)というスマートスピーカーを相次いで発表しました。どちらも500ミリリットルのペットボトルをひと回り大きくしたようなサイズです。これまでの音楽再生用のスピーカーなどと違い、人が話しかけると、その内容に応じて、さまざまな情報を答えたり、音楽を再生したりする「賢いスピーカー」として作られています。

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1512文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです