メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローバウェーブ=LINE提供

 何か知りたいことを調べるとき、スマートフォン(スマホ)やパソコンを使い、インターネットで検索をしますが、人工知能(AI)を搭載し、机の上に置かれたスピーカーに話しかけるだけで、簡単に最新の情報やおすすめの情報を答えてくれる「スマートスピーカー」が登場しました。どんなことができるのでしょうか。

 今月、米検索大手のグーグルが「グーグルホーム」(税抜き1万4000円)、無料通信アプリのLINEが「クローバウェーブ」(税込み1万4000円)というスマートスピーカーを相次いで発表しました。どちらも500ミリリットルのペットボトルをひと回り大きくしたようなサイズです。これまでの音楽再生用のスピーカーなどと違い、人が話しかけると、その内容に応じて、さまざまな情報を答えたり、音楽を再生したりする「賢いスピーカー」として作られています。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 特集ワイド 国会は「死んだ」のか 議論省略の安倍「全能」政権
  4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです