メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なら歳時記

県うだ・アニマルパーク(宇陀市) 触れ合い通じて命学ぶ /奈良

ヤギのえさやり体験。差し出した草をヤギ(左)が食べて驚く女児=奈良県宇陀市で、郡悠介撮影

 木々の葉が色付いて秋も深まってきた10月上旬、名阪国道針インターから車で約25分の山中にある県うだ・アニマルパーク(宇陀市)に足を運んだ。動物たちと触れ合える人気の体験イベントなどを通じて、命の大切さを来園者に伝え続けており、来春には開園10周年の節目を迎えるという。

 動物たちがいる動物舎へ向かうと、牛やポニー、ヤギ、羊、ミニブタ、ウサギたちが牧草を食べたり、昼寝をしたりして、自由に過ごしている。平日にもかかわらず、パーク内には多くの親子連れが来園していた。遠足で来ていた桜井市立三輪幼稚園の園児たち約20人が、丘の上から「ヤッホー!」と牛に向かって楽しそうに叫んでいた。

 動物たちと身近に触れ合える体験イベントも充実している。ポニーの乗馬、ヤギ・羊の餌やり、バター作りが…

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1232文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです