メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアGPシリーズ

選手輝かせる振付師の存在とは

三原舞依のフリーを担当した振付師のデービッド・ウィルソンさん(右)はかつて安藤美姫さんの振り付けも担った=2005年5月、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートの選手のプログラムはほとんどが振付師によってつくられる。いわば、振付師は選手の演技を支える人だ。

 ◆まず曲選び、次に要素の構成、そして独創性もある動きへ

 プログラムづくりは選曲から始まる。演技で使う曲は振付師が選ぶこともあれば、本田真凜(大阪・関大高)が今季のショートプログラム(SP)で使う「ザ・ギビング」のように自ら選ぶこともある。本田は「自分が滑っているのがイメージできて、先生(浜田美栄コーチ)に『このプログラムもつくってみたい』と言った」と話す。

 曲が決まれば振り付けが始まる。まず、ルールで定められた要素をどのように入れるかを考えなければいけな…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです