メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

「正しさの確率」の重み

 科学者は間違える。野口英世は黄熱病菌を見つけたと思いこんだまま、その黄熱病に倒れた。病原体は菌でなくウイルスで、当時の顕微鏡では見えるはずがなかったのに「見えて」しまったのだという。火星の「運河」をはじめ、そういう例は数多い。

 個人でなく科学界全体が間違えた例もある。1966年に旧ソ連の科学者が「水の特殊な状態」として提唱した「ポリウオーター」は世界で認められ、多くの関連論文も出た。しかし徐々に反論が増え、7年後に破棄される。関連特許で大もうけという欲が、長期化した原因とも言われている。

 「科学絶対神話」という言葉が、科学を絶対と思い込む行いへの皮肉だとしたら、それは正しい。しかし「科…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1142文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです