メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢童

モンゴル「子どもの眼の日」制定=菅波茂 /岡山

 9月5日、モンゴルのツォグツェツェグ保健大臣(当時)と面談した後、保健省担当官、眼科医協会関係者、AMDA関係者と米国のNGO関係者とで、子どもの目を守る協議が行われた。

 保健省の担当者から9月15日を「子どもの眼(め)の日」に制定して全国的に子どもの目の健診を啓発普及することが紹介された。「子どもの眼の日」制定の根拠になったのは、AMDAと共に高崎裕子・川崎医療福祉大学教授らがブルガン前眼科医協会長と実施した過去7年間の貴重なデータである。次の段階として、健診を実施する眼科医や家庭医と学校の児童の接点をどのようにするのか。調整役として日本の学校保健に携わる養護教員制度を紹介。保健省と文部省の両者に関係する制度である。

 佐藤拓史AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム運営委員会副委員長が医師に対して行ったモンゴル国…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1454文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです