メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

メディアと政治権力=青島顕(東京社会部)

与野党8党首が参加した党首討論会で質問に答える自民党総裁の安倍晋三首相(左から4人目)=東京都千代田区の日本記者クラブで8日、西本勝撮影

疑念ただすのは当然だ

 権力に都合の悪いことは記録しない。この国ではそうした歴史が繰り返されてきた。政府の公文書管理の見直しが進められているが、情報公開制度を利用した取材をする者として、公文書の記録や公開の後退を強く危惧している。

加計学園の問題 真相なお不透明

 見直し作業の契機の一つに、安倍晋三首相の友人が理事長を務める加計(かけ)学園が、国家戦略特区を利用して愛媛県今治市に岡山理科大獣医学部を新設する計画を巡る問題がある。文部科学省の担当者が、内閣府幹部から「総理のご意向」などと早期開学を求められたことを記録した文書を残していたことが明らかになった。当初は文書を「確認できない」としていた文科省は再調査に追い込まれ、存在を認めた。一方の内閣府側は文科省との面談記録を残していないとした上で、文科省の文書の内容を否定した。真相はなお不透明だ。

 解明を目指して7月10日に国会の閉会中審査があった。毎日新聞は参考人のうち前川喜平・前文科事務次官…

この記事は有料記事です。

残り1671文字(全文2094文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです