メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 政府は11月、近い将来起きると言われる南海トラフ巨大地震について、発生から30分以内に津波被害を推定する新システムを試験稼働させる。効率的な初動対応ができるよう、どこにどの程度の被害が出るかを地震発生直後に予想する研究が大学などで進んでいるが、新システムは画期的な技術とされ、来年度の本格運用を目指している。

この記事は有料記事です。

残り1423文字(全文1578文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]