メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

衆院選の焦点 光と闇が綱引きする時=浜矩子

候補者の訴えに耳を傾ける有権者たち=梅村直承撮影

 明日はにわか衆院選の投票日だ。この選挙の焦点は何か。それは、綱引きである。民主主義対国粋主義。市民対権力。光対闇。国粋主義国家の樹立を目指す権力亡者たちが勝利してしまえば、闇が光をのみ込んでしまう。

 そんなことを断じて許してはいけない。光チームが闇の軍団と綱引きする時、勝利の勘所はどこにあるのか。それは、森を見て木を見ないことにある。

 彼らが打ち出してくる個々の公約や施策に惑わされてはいけない。個別審査方式で、これはいいけど、あれは…

この記事は有料記事です。

残り1852文字(全文2071文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]