メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

沖縄接近、広い範囲で大荒れに

 超大型で強い台風21号は20日、日本の南の海上を北に進んでいる。21日から22日にかけて沖縄地方に、22日から23日は西日本や東日本にかなり接近し、広い範囲で大荒れになる見通しだ。

     20日午後9時現在、台風21号の中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から220キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。21日夕方に沖縄の大東島地方、22日に沖縄本島に接近する見通し。

     台風を取り巻く雨雲や、本州の南に停滞する前線の影響で21日から23日まで南西諸島や西日本、東日本の太平洋側で非常に激しい雨が降る見込み。21日午後6時までの24時間雨量は多い所で、大東島地方と奄美地方で180ミリ、奄美を除く鹿児島県で150ミリと予想されている。【山下俊輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
    2. 湖池屋 ポテチ最大2割増量へ じゃがいも復活感謝祭
    3. 草津白根山噴火 噴石で陸自隊員1人死亡 11人重軽傷
    4. 中国 ヒップホップ禁止 反体制文化を警戒か
    5. クローズアップ2018 草津白根山噴火 気象庁ノーマーク

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]