メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強姦

「証拠管理が不十分」男性に無罪判決 宇都宮地裁

 栃木県小山市で昨年7月、女性に性的暴行を加えたなどとして、強姦(ごうかん)罪などに問われた同市の男性(24)の判決公判が20日、宇都宮地裁で開かれ、二宮信吾裁判長は「証拠の管理が不十分」などと述べ、無罪(求刑・懲役7年)を言い渡した。

     二宮裁判長は、県警や検察が鑑定を進める際、事件当時の女性の衣服を入れたビニール袋を封印した状態を撮影せず、使用済みの袋も廃棄していると指摘。「鑑定結果は証拠としては無意味」と判断した。検察側は衣服に男性の遺留物が付いていると主張していた。

     男性の弁護士によると、男性は一貫して容疑を否認していた。宇都宮地検は「判決内容を確認して協議し、(控訴するかを)判断する」としている。【李舜、野田樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
    5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]