メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

河原崎国太郎 前進座象徴の立女形 江戸歌舞伎の名残伝える /徳島

 河原崎国太郎(かわらさきくにたろう)(1909~90年)歌舞伎俳優、東京都出身、本名松山太郎。

 河原崎国太郎は幕末以来の歌舞伎俳優。ここに紹介する国太郎は5代、屋号は山崎屋。初代(1849~67年)は座元河原崎権之助の子。1859(安政6)年襲名。

 5代国太郎は洋画家松山省三の子。1928(昭和3)年2代猿之助の門に入り女形(おやま)となった。市川笑也(えみや)の名で本郷座で初舞台を踏んだ。

 31年前進座の旗揚げに参加し、翌年市村座で5世河原崎国太郎を襲名。以後、前進座の立女形として活躍。…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文575文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 千葉女児虐待死 父「丁寧で実直」 暴力振るうとみられず 同僚ら衝撃
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです