メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

白いザクロ 真珠のような実、優しい甘さ

白とも黄色とも言える外観の白ザクロ。実も白い(左上の2個は赤ザクロ)

 探し物は突然に現れた。長崎空港から車で40分。JR川棚駅(長崎県川棚町)前の商店街に入った途端、「あれっ?」という感じで目に飛び込んできたのだ。ふる里(広島県大崎上島町)にあった白い実のザクロ。53年ぶりに見る白ザクロは駐車場の端に1本、「どうだ!」と言わんばかりの姿で立っていた。

 懐かしの白ザクロを探すきっかけは昨年、大阪府吹田市の読者が寄せた「熟れても果皮が赤くならず、黄色っぽいザクロをもう一度食べたい」。普通の赤いザクロとは違う品種だが、その姿に見覚えがあった。実家の庭にあったのだ。黄色とも白色とも言える外観。赤い実のザクロと比べ、酸味が少なかったように思ったが、それも50年も前の記憶である。

 果物どころの山梨、長野県と探したが、見つからなかった。その過程で国内のザクロ産地はほぼゼロ(農水省…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1161文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです