メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

金井東裏遺跡(群馬県渋川市) 渡来系リーダーの誇り

金井東裏遺跡から出土した、よろいを着けた人骨。頭(左)を榛名山に向け、背中を上に膝を屈していた=群馬県渋川市で(群馬県埋蔵文化財調査事業団提供)

 榛名山の噴火を鎮めようと、よろいで盛装し一心に祈る--。古墳時代の生々しい様相が話題になった群馬県渋川市の金井東裏(かないひがしうら)遺跡。6世紀初頭の火山灰層から成人男性の骨が発見されて5年。今年、詳細な報告書が出た。古代「英雄」像をめぐる現況は。

 まずは、祈りの真っ最中に火砕流に襲われ、その姿のまま出土したのでは、というストーリーの点検。よろい(甲)にちなみ、遺跡の主人公を研究者たちは「甲太郎(こうたろう)」と親しみを込めて呼んでいるそうだが。

 「山に向かって拝み……というのは眉唾です」。土生田(はぶた)純之・専修大教授(考古学)の説明は意外…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです