メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

新議員へ思い託す 53.08%、投票率低く /香川

候補者の「第一声」に拍手を送る支援者=高松市内で2017年10月10日、植松晃一撮影

 台風21号が接近する中で実施された衆院選は、県内の開票作業が23日未明までに終わり、新議員の顔ぶれが決まった。投票率は53.08%と過去最低だった前回(50.56%)を上回ったものの、悪天候もあり、過去2番目の低投票率になった。新議員に求めるものや政治への要望を県内の有権者に聞いた。【衆院選取材班】

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1116文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]