メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

五輪の後、すさむリオ 経済低迷で治安悪化 警察予算も減り

ホシーニャ地区をパトロールする武装警官=ブラジル・リオデジャネイロで23日、AP

 【サンパウロ山本太一】昨夏に五輪・パラリンピックが開かれたブラジルのリオデジャネイロの治安が悪化している。リオ州では州政府の財政難などを背景に今年上半期の殺人事件が昨年同期より1割増加した。23日には同市最大の貧困地区(ファベーラ)で、警察官に不審者と間違えられたスペイン人観光客が撃たれ、死亡する事件も発生した。

 地元メディアによると、リオ最大のファベーラであるホシーニャ地区で、外国人観光客ら計5人が乗った車に…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです