メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

唱歌「故郷」と福島の被災者=奥山はるな(東京社会部)

共有する望郷の思い

 「兎(うさぎ)追いしかの山……」で始まる唱歌「故郷(ふるさと)」。山里の情景を描いたこの歌を、東日本大震災の津波や原発事故でふるさとを追われた福島県の人たちは、歌えなくなっているという。その理由を尋ね歩き、企画「歌えない『故郷』」(東京本社版朝刊で9月24~29日、計4回)を連載した。震災後、置かれた境遇は異なるのに、みな、望郷の思いだけは変わらない--。取材を進めていくにつれ、その思いを深くした。

この記事は有料記事です。

残り1820文字(全文2031文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです