メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる・イラン核合意

トランプ氏に疑問噴出 外交筋「演説、事実と異なる」

 【ウィーン三木幸治】トランプ米大統領がイランの核合意順守を「認めない」とした演説内容などについて、ウィーンの複数の外交筋が毎日新聞の取材に対し、「事実と異なる点がある」と指摘した。核合意を監視する国際原子力機関(IAEA)がイランの合意履行を認定する中、自身の判断を正当化するため誇張した可能性があるとみられる。

 トランプ氏は今月13日の演説で、イランがIAEAの査察官に対して「完全な査察ができないように脅し」…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文535文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]