メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる・イラン核合意

トランプ氏に疑問噴出 外交筋「演説、事実と異なる」

 【ウィーン三木幸治】トランプ米大統領がイランの核合意順守を「認めない」とした演説内容などについて、ウィーンの複数の外交筋が毎日新聞の取材に対し、「事実と異なる点がある」と指摘した。核合意を監視する国際原子力機関(IAEA)がイランの合意履行を認定する中、自身の判断を正当化するため誇張した可能性があるとみられる。

 トランプ氏は今月13日の演説で、イランがIAEAの査察官に対して「完全な査察ができないように脅し」…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文535文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです