メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

変化する、なでしこ Jクラブ躍進、大学母体も力

今季最終戦を終えてサポーターにあいさつするセ大阪堺レディースの選手たち=丹下友紀子撮影

 サッカー女子の「プレナスなでしこリーグ」の勢力図が大きく変わろうとしている。日本女子サッカーリーグとして1989年に始まった当初は、加盟チームの多くが企業チームだったが、2000年以降にJリーグのクラブが相次いで創設。今季2部2位のセレッソ大阪堺レディースが12月の入れ替え戦で勝てば、来季は1部10チームのうちJクラブが史上最多の7チームとなる。一方、大学を母体とする異色のチーム・日体大FIELDS横浜が今季2部で優勝し、来季は1部昇格。なでしこリーグの今に迫った。【丹下友紀子、福田智沙】

 10年前の07年に1部のJクラブは日テレ・ベレーザ、浦和レッドダイヤモンズレディース、アルビレック…

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  5. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです