メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

変化する、なでしこ Jクラブ躍進、大学母体も力

今季最終戦を終えてサポーターにあいさつするセ大阪堺レディースの選手たち=丹下友紀子撮影

 サッカー女子の「プレナスなでしこリーグ」の勢力図が大きく変わろうとしている。日本女子サッカーリーグとして1989年に始まった当初は、加盟チームの多くが企業チームだったが、2000年以降にJリーグのクラブが相次いで創設。今季2部2位のセレッソ大阪堺レディースが12月の入れ替え戦で勝てば、来季は1部10チームのうちJクラブが史上最多の7チームとなる。一方、大学を母体とする異色のチーム・日体大FIELDS横浜が今季2部で優勝し、来季は1部昇格。なでしこリーグの今に迫った。【丹下友紀子、福田智沙】

 10年前の07年に1部のJクラブは日テレ・ベレーザ、浦和レッドダイヤモンズレディース、アルビレック…

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1558文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. 高松商・香川が今大会初完封 春日部共栄降す
  3. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  4. 寄贈 闘病記を市に 子宮頸がん患いながら出産、朝霞の森田さん(46) 検診の大切さ知ってほしい /埼玉
  5. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです