メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

あすドラフト 清宮、何球団が競合 中村、安田も上位候補

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が26日、東京都内で開かれる。注目は歴代最多とされる高校通算111本塁打の清宮幸太郎内野手(東京・早稲田実)に、1位指名で何球団が競合するのか。競合を避けて他の有力選手の単独指名を狙うのか、各球団の戦略も見どころになる。

 過去に最も多く競合したのは、1989年の野茂英雄投手(新日鉄堺)と90年の小池秀郎投手(亜大)の8球団。高校生は95年の福留孝介内野手(大阪・PL学園)の7球団が最多だ。

 今年は清宮をはじめ、高校生の強打者が多い。清宮と同じ左打者の安田尚憲内野手(大阪・履正社)は高校通…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1008文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  4. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  5. 寝屋川中1殺害初公判 突然土下座、泣いて謝罪も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです