メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球

秋季リーグ 明大、単独首位

試合後の整列を終え、観客席に向かって歩き出す東大の宮台康平(中央)=神宮球場で2017年10月24日、江連能弘撮影

 (24日・神宮)

 第7週の2回戦2試合が行われ、明大が東大を降し、2連勝で勝ち点を4に伸ばした。明大は8勝3敗で単独首位。現在2位の慶大は7勝1分け3敗で勝ち点3。慶大が最終第8週の早大戦で1敗した時点で明大の2季ぶり40回目の優勝が決まる。慶大は早大に2戦2勝なら7季ぶり35回目の優勝となる。30季ぶりに勝ち点を獲得した東大は3勝8敗で全日程を終え、40季連続の最下位。立大と法大は引き分けた。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文556文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです