メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

五輪の後、すさむリオ 経済低迷で治安悪化

銃撃事件の発生状況を確認できる無料アプリ「フォゴ・クルザード」=サンパウロで2017年10月24日、山本太一撮影

 【サンパウロ山本太一】昨夏に五輪・パラリンピックが開かれたブラジルのリオデジャネイロの治安が悪化している。リオ州では州政府の財政難などを背景に今年上半期の殺人事件が昨年同期より1割増加した。23日には同市最大の貧困地区(ファベーラ)で、警察官に不審者と間違えられたスペイン人観光客が撃たれ、死亡する事件も発生した。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文833文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです