メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

やさしい日本語、話そう 初心者の外国人と交流 行政、言い換え推進

船遊びを楽しむ外国人留学生たち。胸に「やさしい日本語、おねがいします」と書かれたバッジをつけている=福岡県柳川市で8月撮影、「やさしい日本語ツーリズム研究会」提供

 災害時、外国人に情報を伝えるために考案された「やさしい日本語」が最近、日本人と外国人のコミュニケーションツールとして期待されている。観光地や外国人が多く暮らす地域では使い方を学ぶ研修が盛んだ。行政用語に活用する自治体もある。やさしい日本語が「共通言語」となる日は来るのか。【太田敦子】

英語でなくても

 「そうです、英語でなくていいんです!」。福岡県柳川市が昨年、広告大手の電通とともに始めた事業「やさしい日本語ツーリズム」のキャッチフレーズだ。ボランティアガイドなど観光関係者に、「『早く打ち解けて』のような複合動詞を使わず『早く仲良くなって』と言い換えましょう」などと分かりやすい日本語の研修を行う。

 同市は水郷で知られ、川下りなどを目当てに外国人観光客は年々増加。半数以上が台湾からだ。電通が台湾で…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1584文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです