メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外夫婦別姓訴訟、サイボウズ社長の賠償請求棄却 東京地裁
第71回読書世論調査

自己啓発本、4割興味 マンガ読者も年重ね(その1)

書店内の目立つ場所に設けられた自己啓発本コーナー=東京都千代田区の三省堂書店で、池乗有衣撮影

 「とかくに人の世は住みにくい」と、かの夏目漱石先生も嘆いた人間社会。今も変わらぬ悩み多き世の中で、人は読書とどう関わっているのか。毎日新聞の「第71回読書世論調査」では、近年活況を呈しているとされる「自己啓発本」について尋ねたほか、マンガの読まれ方や文学賞への興味などの質問を通して、人々の意識を探った。【池乗有衣、大隈慎吾】

この記事は有料記事です。

残り6543文字(全文6707文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです