メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第63回学校読書調査

図書館「学びの場」に 学校が環境作り 京都市立宇多野小

学校図書館が日常的に「学びの場」となっている=京都市立宇多野小学校で

児童、探究的な学習

 学習指導要領の改定に伴う「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)の導入に向けて、学校現場で授業改善への模索が続いている。その一つに「学びの場」としての学校図書館の活用が挙げられる。「読書の場」としてのイメージが強い学校図書館を、授業にどのように取り入れるのか。先進的な取り組みを進めてきた京都市立宇多野小学校(柳田典子校長)を訪ねた。【池乗有衣】

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1516文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです