メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第63回学校読書調査

まずは蔵書の見直しを 全国SLA学校図書館スーパーバイザー・向井純子さんに聞く

 「学びの場」として学校図書館の機能を上げるためにできることを、全国学校図書館協議会(全国SLA)学校図書館スーパーバイザーの向井純子さんに聞いた。

 --学校現場には、図書館を活用した授業のイメージがつかめないという戸惑いの声もあると聞きます。

 学校図書館は長い間、本の楽しさに触れる「読書センター」としての認識が強かったため、蔵書の構成も楽しい読み物としての「文学」に偏りがちでした。情報を活用する力を育て、主体的な学習を支援する「学習センター」や「情報センター」としての認識は欠けていたというのが実態でしょう。実際の蔵書構成では「社会科学」や「自然科学」といった分野が少なく、教育課程に沿った展開になっていないことが多々あります。授業作りに適した本や資料がなければ、授業での活用は進みません。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです