メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第63回学校読書調査

まずは蔵書の見直しを 全国SLA学校図書館スーパーバイザー・向井純子さんに聞く

 「学びの場」として学校図書館の機能を上げるためにできることを、全国学校図書館協議会(全国SLA)学校図書館スーパーバイザーの向井純子さんに聞いた。

 --学校現場には、図書館を活用した授業のイメージがつかめないという戸惑いの声もあると聞きます。

 学校図書館は長い間、本の楽しさに触れる「読書センター」としての認識が強かったため、蔵書の構成も楽しい読み物としての「文学」に偏りがちでした。情報を活用する力を育て、主体的な学習を支援する「学習センター」や「情報センター」としての認識は欠けていたというのが実態でしょう。実際の蔵書構成では「社会科学」や「自然科学」といった分野が少なく、教育課程に沿った展開になっていないことが多々あります。授業作りに適した本や資料がなければ、授業での活用は進みません。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1007文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か
  4. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  5. ドカベン 長寿野球マンガが完結へ 46年の歴史に幕 「チャンピオン」次号で最終章が最終回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]