メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第63回学校読書調査

調べ学習、慣れ親しむ 話題作、映像に導かれ(その2止)

朝の読書時間を前に本を選ぶ子どもたち=京都市立宇多野小学校で、池乗有衣撮影

読了後「同じ作者」へ

 本を読んだ後の行動として最も多かったのは「その本の続編や同じ作者の本を読んだ」で、小学生79%、中学生71%、高校生62%だった。「読みたくなった本を、図書館や本屋に探しに行った」が僅差で続き、小学生72%、中学生70%、高校生61%となった。きっかけになる1冊があれば、そこから読書の世界が広がっていく様子がうかがえる。

 一方、「その本の背景や作者について調べた」は、小学生15%、中学生18%、高校生21%。読書から学…

この記事は有料記事です。

残り3369文字(全文3591文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]