メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「覚えておくと災害時に便利な番号」の謎かけを解いて宝箱を開ける東大阪大柏原高の生徒たち

 室内・屋外を移動しながら謎解きをする「脱出ゲーム」をご存じだろうか。若い人を中心に人気のあるこのゲームと防災訓練を融合させた「防災アトラクション」を考案したのが、大阪市のイベント企画会社「フラップゼロ」の代表取締役で、阪神大震災を経験した松田哲さん(45)だ。「若い人に防災の大切さを知ってほしい」との思いを込めたアトラクションは、訓練の形骸化や参加率低迷に悩む全国の自治体・学校から引っ張りだこになっている。

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1305文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです