メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ドラフト会議 清宮、ハムが交渉権 7球団競合

日本ハムに指名され、記者会見で笑顔を見せる早稲田実の清宮幸太郎内野手=東京都国分寺市で26日午後5時58分、小川昌宏撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が26日、東京都内のホテルで開かれ、高校で歴代最多とされる通算111本塁打を放った東京・早稲田実の清宮幸太郎内野手(18)はロッテ、ヤクルト、日本ハム、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクの7球団が1位指名し、抽選の末、日本ハムが交渉権を獲得した。7球団からの1位指名は1995年の福留孝介内野手(当時)=大阪・PL学園高=と並んで高校生で最多。

 今夏の甲子園で6本塁打の1大会個人最多記録をマークした広島・広陵高の中村奨成捕手(18)は中日と広…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1433文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです