メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

学校いじめ最多32万件 小学校で急増 16年度

いじめの認知件数

 全国の小中高校と特別支援学校が2016年度に認知したいじめは、前年度比43.8%(9万8676件)増の32万3808件で、過去最多を更新したことが、文部科学省が26日に公表した問題行動・不登校調査の結果(速報値)で明らかになった。3年連続の増加で、初めて30万件を超えた。

 文科省は、これまで対象から外していたけんかやふざけ合いのうち、心身の苦痛を感じるような一方的な暴力行為を伴うものを今回からいじめに含めたことが大幅増の要因と見ており、「積極的に認知を進めた成果」として肯定的に受け止めている。

 小学校は前年度比56.8%増の23万7921件、中学校は同19.8%増の7万1309件でそれぞれ過去最多。高校は同1.7%増の1万2874件、特別支援学校は同33.8%増の1704件だった。

 いじめの内容(複数回答)は「からかいや悪口」が62.5%で最も多く、「遊ぶふりをしてたたく、蹴る」(21.6%)、「仲間はずれ、集団による無視」(15.3%)と続いた。インターネット交流サイト(SNS)など「パソコンや携帯電話での誹謗(ひぼう)、中傷」は3.3%だったが、高校では17.4%と2番目に多かった。

 いじめ防止対策推進法で定める「重大事態」は前年度比86件増の400件。このうち生命や心身などに重大な被害が生じた疑いがあるのは34件増の164件だった。自殺した子供は244人で、そのうちいじめ問題を抱えていたのは10人、教職員との関係で悩んでいたのは3人だった。

 いじめの認知件数は急増したが、全体の3割の学校が1件も認知していないと回答した。都道府県別でも、生徒・児童1000人あたりの認知件数(全国平均23.9件)は最多の京都(96.8件)と最少の香川(5.0件)で19倍の差があり、意識の差が浮き彫りとなった。

 一方、全国の小中高校で、年間30日以上欠席した不登校の児童・生徒は前年度比4.2%(7423人)増の18万2977人。暴力行為の発生件数は、同4.7%(2651件)増の5万9457件だった。【伊澤拓也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
  2. 大阪・女性監禁 遺体発見 ヤミ民泊、名簿不要 不明女性、英語堪能
  3. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
  4. 学校の今 忙しい先生たち/1 「何でも相談」に追われ 保護者対応が業務圧迫 /群馬
  5. 五輪フィギュア 羽生、宇野ら華麗な舞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]