メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

10月のニュースファイルミニ6

富山湾で見つかった新種のクリオネ=蘭越町貝の館・富山大学提供

■クリオネの新種 富山湾に

     「流氷の天使」と呼ばれるクリオネの5種類目となる新種が、富山湾の深海で発見されました。富山大学と北海道の「蘭越町貝の館」が10月12日に発表しました。クリオネは日本近海ではオホーツク海のみで確認されており、今回の発見は北半球の生息場所としては最南端となります。

     富山大大学院の張勁教授らが昨年8月、水深約1,000メートルで発見しました。体長は0.5~5ミリで、「繊毛帯」という体毛を動かして泳ぎます。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
    2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    3. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
    4. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
    5. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]