メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カットバック

/244=今野敏 河野治彦・画

第三十一節(4)

 高平の代役は、すぐに用意された。芸能プロダクションは鵜の目鷹(う  たか)の目だ。チャンスがあれば見逃さない。おそらく監督のもとには、いろいろなプロダクションから売り込みが殺到したことだろう。

 今日は、朝からその新たに選ばれた出演者と、滝田彩香のシーンがあり、服部は舞い上がっていた。

 その様子を見て、静香がまたふくれっ面だ。こいつら、早くくっつくか、きっぱりと切れるか、どっちかにし…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文800文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]