メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンクが2年連続で日本シリーズ進出 プロ野球CS
ルターの光と影

宗教改革500年/上 大衆向けに聖書翻訳 読み書き普及、世界動かす

 1517年10月31日、もしドイツの神学者マルティン・ルターが「95カ条の論題」と呼ばれる宗教問答を公表しなければ、今もほとんどの子供が小学校に通うことなく、私たちは豊かさとは無縁だったかもしれない。

 「真に悔い改めたキリスト教徒は、免罪符がなくても完全な許しを得ている」。ルターが独東部ウィッテンベルク城教会の扉に張り出したと伝えられる論題は、ローマ法王の座所となるバチカンのサンピエトロ大聖堂建設などのため、ローマ教会が独各地で罪の許しを与える「免罪符」を販売し、莫大(ばくだい)な利益を得ていることを批判したもの。当時、法王に逆らうことは死を意味していた。

 ベルリンから高速鉄道で40分。ウィッテンベルクは当時一帯を支配したザクセン選帝侯フリードリッヒ3世…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1269文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. ひき逃げ 容疑で26歳男を逮捕 男性重体 沼田 /群馬
  4. 検証 記者死亡、サウジ総領事館で何が 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末
  5. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです