メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武田砂鉄の気になるこの人

1990…年代論、世代論 ゲスト 批評家・近畿大准教授、大澤聡さん(その2止)

地下鉄サリン事件以後、進んだ監視社会化

 武田 地下鉄サリン事件以後、監視社会化が進み、人々が権力に従順になったと感じます。

 大澤 それでも、99年の通信傍受法成立のときは、批判のムーブメントがあった。今や個人情報を国家に管理されることへの不信は、「ヘンなやつら怖いじゃん」に負けてしまった。

 武田 たとえば、駅のホームのごみ箱に菓子パンの空き袋を捨てたら空き缶専用だった、程度の間違いを、年に何度かしてしまう。当然、「間違えた」と思う。大げさではなく、それをカメラで監視されて罰せられる社会が来るかもしれない。

 大澤 間違えたと意識するのは、規律や道徳が内面化されているからですね。もっと巧妙に監視社会化が進む…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです