メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外熊谷、国内観測史上最高の41・1度
武田砂鉄の気になるこの人

1990…年代論、世代論 ゲスト 批評家・近畿大准教授、大澤聡さん(その2止)

地下鉄サリン事件以後、進んだ監視社会化

 武田 地下鉄サリン事件以後、監視社会化が進み、人々が権力に従順になったと感じます。

 大澤 それでも、99年の通信傍受法成立のときは、批判のムーブメントがあった。今や個人情報を国家に管理されることへの不信は、「ヘンなやつら怖いじゃん」に負けてしまった。

 武田 たとえば、駅のホームのごみ箱に菓子パンの空き袋を捨てたら空き缶専用だった、程度の間違いを、年に何度かしてしまう。当然、「間違えた」と思う。大げさではなく、それをカメラで監視されて罰せられる社会が来るかもしれない。

 大澤 間違えたと意識するのは、規律や道徳が内面化されているからですね。もっと巧妙に監視社会化が進む…

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1239文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース [驚きワザ]桃の長期保存には◯◯を使うのが鉄則!
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え
  5. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]