メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

ミヤコ蝶々 「夫婦善哉」で人気上昇 離婚後も元夫と共に仕事 /徳島

 ミヤコ蝶々(ちょうちょう)(1920~2000年)漫才師、女優。東京都出身、本名日向(ひゅうが)鈴子(すずこ)。

 彼女の著書「泣き笑い放浪星」によると

 1920(大正9)年0歳 7月6日東京・日本橋の家具商の父・栄治郎と常盤津師匠の母・ハナの長女として生まれる。

 24年4歳 父が柳橋芸者・さきと駆け落ちし鈴子も新しい義母に引き取られた。

 27(昭和2)年7歳 父が店を閉め、鈴子を座長として旅回りの都家蝶々一座を組み、全国各地を回る。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文665文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです