メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍続投を読む

/4 無縁でない「大衆迎合」 千葉大法政経学部教授・水島治郎氏

=丸山博撮影

 「大衆迎合主義」とも説明されるポピュリズムが世界を席巻している。欧米では地方の斜陽工業地帯で支持を集める。それに対して、日本の火種は大都市にくすぶる。自民党型政治は大都市の富を分配することで地方に配慮してきた。希望の党の小池百合子代表はそれを意識して「しがらみ」からの脱却を掲げ、既成政治への不満を抱く都市部の無党派層の支持を取り込もうとした。

 ポピュリズムは従来の「右対左」という対立軸に収まらず、既成政党や権威への民衆の反発という「下から上…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文942文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 霧島連山・硫黄山 250年ぶりに噴火 宮崎・鹿児島県境
  5. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]