メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

選挙制度と国民投票法 フェアな体制整えて=中島京子・作家

=内藤絵美撮影

 選挙が終わった。

 今回実施された衆議院議員選挙だが、小選挙区では自民党は48%の得票率で75%の議席を獲得する結果に終わった。

 そもそも2大政党制をイメージして、1対1の構図を作る目的で導入された制度なので、野党が乱立してしまうと、与党批判票は分散し、今回のような結果になる。だから、なにがなんでも野党はひとかたまりの団子になるべきだという考えで、「希望の党」のようなものも生まれる。

 しかし、現政権よりも右派の主張をする政治家から、社会民主主義的な発想の政治家までがいっしょに「団子…

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1590文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  3. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  4. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に
  5. 妻殺害容疑 29歳男逮捕 和歌山の海岸で水難事故装い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]