メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第1部 習指導部・2期目の課題/下 日系企業、雪解け期待

 天津市津南区のベッドタウンに27日、流通大手イオングループの「イオンモール天津津南」がオープンした。4階建ての巨大モールは開店と同時に大勢の買い物客で埋め尽くされた。12月にも3店舗を開店させ、中国内の直営モールを計17店舗に急拡大する計画だ。

 ネットショッピング全盛の中国だが、実店舗に客を呼び込む工夫を凝らしている。新店舗にはレストランや子ども向けのアミューズメント施設を拡充。さらに「高品質で安全」な日本のテナントを前面に押し出した。

 中国内のショッピングモール事業を取り仕切る梅田義晴イオンモール専務は「内陸部でも中間所得層が急増し…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1285文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]