メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍続投を読む

/4 動き出すポピュリズム 千葉大法政経学部教授・水島治郎氏

 「大衆迎合主義」とも説明されるポピュリズムが世界を席巻している。欧米では地方の斜陽工業地帯で支持を集める。それに対して、日本の火種は大都市にくすぶる。自民党型政治は大都市の富を分配することで地方に配慮してきた。希望の党の小池百合子代表はそれを意識して「しがらみ」からの脱却を掲げ、既成政治への不満を抱く都市部の無党派層の支持を取り込もうとした。

 ポピュリズムは従来の「右対左」という対立軸に収まらず、既成政党や権威への民衆の反発という「下から上…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文876文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです