メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/62 時間

あるとも見えぬうねりをたたえて=熊本県水俣市で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

ささくれだち割れる

 「あー、ドキドキする」。9月15日夕方、熊本市の病院のエレベーターの中、写真家の石内都さんが緊張の面持ちである。石牟礼道子さんは開放フロアでくつろいでいる。近づいた石内さんは、「私のこと、おぼえていますか?」と話しかけた。

 石内さんは、熊本市現代美術館の「誉のくまもと展」(11月26日まで)に連作「不知火の指」のモノクロ7点を出品している。被写体は石牟礼さん。2014年と16年に撮影した。7点のうちの1点は右手の指のアップである。<中央の、ゾウさんの鼻のようなゴツゴツと湾曲した人さし指は、私には大廻(うまわ)りの塘(とも)にしか見えない>と私は9月24日付の本欄に書いた。

 石内さんは内覧会に出席するため熊本に来たのだ。翌日の展覧会のトークにも参加する。病院に着くまでの間…

この記事は有料記事です。

残り1752文字(全文2111文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ、空き家1000軒、果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]