メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深い傷

犯罪被害者は問う 夫殺害されPTSDに 医師と出会い救われた 支援求め、もがく遺族

 犯罪被害者遺族らが初期段階で支援を受ける犯罪被害者支援センターで、精神医療との連携に地域差がある実態が明らかになった。遺族らは深刻な精神的危機に陥りながら支援を求めてもがいている。【宗岡敬介】

 「家族4人全員が写った写真は、この1枚だけなんです」。那覇市の川満由美さん(49)は、自宅リビングの棚に置かれた写真立てをそっと手に取り、いとおしそうに見つめた。写真には、産婦人科医院のベッドで生まれたばかりの次男を抱く川満さんと夫正則さん(当時48歳)、3歳の長男が寄り添う姿が写っている。そんな幸せに満ちた暮らしは8日後に一変する。

 2005年2月26日夜、学習塾の経営をしていた正則さんは帰宅中に突然、背後から頭をコンクリート片で…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1442文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです