メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核廃絶決議

核保有国と非核保有国の溝が急速に深まる

 唯一の被爆国の日本が主導する核廃絶決議案が24年連続で国連総会第1委員会で採択され、日本代表団はほっとした表情を見せた。決議は各国が連帯し「核兵器のない世界」を目指す内容で、これまでは圧倒的多数の加盟国の支持がその価値を裏付けていたが、今回は賛成国の数が減少。核保有国と非核保有国の溝が急速に深まる中、「橋渡し役」を自任する日本の立場は苦しくなる一方だ。

 日本政府関係者によると、決議案の文面作成にあたり、米露英仏中の5核保有国は「核兵器禁止条約に一言で…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文854文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです