メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VXの女たち・正男暗殺

法廷編 共謀者、役割不明も

 「チャン、ジェームス、Y、ハナモリ」。12日の第7回公判で、警察幹部のワン・アジルルが指示役の北朝鮮の男4人に初めて言及した。被告のドアン・ティ・フオン、シティ・アイシャが供述した通称だという。

     防犯カメラの映像やワンの証言によれば、事件当日、「Y」は黒い野球帽に灰色シャツ姿で、フオンの手に液体を塗りつけ、金正男(キムジョンナム)に塗るよう指示した。日本人風の名前の「ハナモリ」は「Y」に指示を出していた。「チャン」は直前までアイシャと空港のカフェにいて、その手に液体を塗っている。「ジェームス」はアイシャの勧誘役だ。

     警察が国際指名手配した北朝鮮の4容疑者は、リ・ジェナム(57)▽ホン・ソンハク(33)▽オ・ジョンギル(55)▽リ・ジヒョン(32)で、国際刑事警察機構(ICPO)のウェブでも名前が公表されている。ところが、検察は初公判で両被告が「4人の逃亡犯と共謀した」と指摘したものの、身元の公表は拒み、12日の公判でも通称しか使わなかった。

     毎日新聞の関係者取材を総合すると、「Y」はベトナム語が堪能なリ・ジヒョン、「チャン」はインドネシア語が堪能なホンの可能性が高い。「ハナモリ」はリ・ジヒョンと一緒にベトナムを担当していたリ・ジェナムだろう。一方、「ジェームス」は警察が発生直後の記者会見で重要参考人として公表したリ・ジウ(30)とみられる。

     こう見ると、指名手配された4人のうちオの役割が不明なことに気付く。そもそも関与が疑われる北朝鮮の男は重要参考人を含め8人なのに、なぜ検察は「4人と共謀」と主張するのか。4人は警察の手配者と一致するのか。明かされないまま12日は閉廷した。【ジャカルタ平野光芳】(敬称・呼称略)=随時掲載

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです