メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルターの光と影

宗教改革500年/中 労働は天職 「近代」の礎

宗教改革500年の記念特別展で、ルターが影響を与えた人として展示されているキング牧師の写真=ウィッテンベルクのマルティン・ルター記念館で

 マルティン・ルターはなぜ宗教改革を目指したのか。その原点の一つは、修道僧時代に訪れたローマで受けた衝撃にあった。

 教会の幹部はぜいを尽くし、司祭らは規則を守って結婚はしないものの陰で愛人を囲う--。「聖書の教えに反する現実に出合った」(ウィッテンベルク城教会のヨルク・ビーリッヒ学芸員)ことによる失望は教会への疑問視と、聖書に立ち返る姿勢につながった。

 聖書を読み込み考え抜く中で、ルターは「聖職者は結婚してよい」という考えを生み出す。また、それまでマ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです