メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝き探す闇

2017世界子ども救援キャンペーン~東南アジアの零細金採掘 危険の隣、夢みつめ 死に至る、水銀蒸気

真っ暗なトンネルの中で岩を掘るシェルドン・ダオ・アイさん=フィリピン・ベンゲット州イトゴンで、川平愛撮影

 少人数で金を採掘・精製する零細小規模金採掘(ASGM=Artisanal and Small-scale Gold Mining)。従事者は世界で最大1500万人とされ、東南アジアでは貧困家庭の子どもらが、有毒な水銀を使った精製作業や金鉱山での重労働で家族を支えている。一方で、水銀使用を国際的に規制する水俣条約が8月に発効し、問題解決の取り組みも始まっている。【文・畠山哲郎、写真・川平愛】

この記事は有料記事です。

残り3601文字(全文3798文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです