メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍続投を読む

/5止 解散権、憲法で制約を 東京大元学長・佐々木毅氏

 何の意味のある総選挙だったのか。終わった今も分からない。不意打ちの衆院解散だった。それに小池新党、枝野新党の不意打ちが続いた。権力争いだけで政策論議が深まるわけがない。「願望のリスト」を並べれば政策だと勘違いしている。消費増税の一部を教育無償化に回すというが、国民にお土産を出せるほどすばらしい財政状態にあるのか。どこの国の選挙だと、ふと思った。

 自民党の長年の連立相手である公明党が存在感のある役割を果たせずに議席を減らし、希望の党は中途半端に…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文920文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  4. セクハラ疑惑 「ある意味犯罪」自民・下村氏が発言謝罪
  5. セクハラ疑惑 「この期に及んで否定とは」週刊新潮編集部

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]