メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍続投を読む

/5止 解散権、憲法で制約を 東京大元学長・佐々木毅氏

 何の意味のある総選挙だったのか。終わった今も分からない。不意打ちの衆院解散だった。それに小池新党、枝野新党の不意打ちが続いた。権力争いだけで政策論議が深まるわけがない。「願望のリスト」を並べれば政策だと勘違いしている。消費増税の一部を教育無償化に回すというが、国民にお土産を出せるほどすばらしい財政状態にあるのか。どこの国の選挙だと、ふと思った。

 自民党の長年の連立相手である公明党が存在感のある役割を果たせずに議席を減らし、希望の党は中途半端に…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです