メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

建設業界

工具や作業服おしゃれに 担い手不足解消に期待

リョービの充電式インパクトドライバー「BID-10XR」=リョービ提供

 深刻な人手不足の建設現場にデザイン性の優れた工具や作業服が登場し、業界のイメージアップに一役買っている。名車「フェラーリ」をデザインしたことがある工業デザイナーが手掛けた工具もその一つだ。「おしゃれで、かっこいい」は建設業界の救世主となるか--。【酒井祥宏】

 電動工具などを製造販売する「リョービ」(広島県府中市)。充電式インパクトドライバー「BID-10XR」を今春発売した。工業デザイナー、奥山清行さんの事務所がデザインを担当。奥山さんはフェラーリのほか、JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」のデザインなどで世界的にも知られ、ドライバーは「近未来の工具」を感じさせるデザインが特徴だ。

 親指だけでネジ締め強度を変更できるボタンなどを備え、希望小売価格は7万1000円(税抜き)。同じク…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです