メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルターの光と影

宗教改革500年/下 ユダヤ人迫害を扇動

 「第一にシナゴーグ(ユダヤ教礼拝堂)や学校に火をつけ、燃えない物は土で埋めよ」

 マルティン・ルターは1543年、「ユダヤ人と彼らのうそについて」という著書で、「キリスト教徒であることをたたえるため」としてユダヤ人迫害を扇動した。その20年前の著書ではユダヤ人差別を戒めていたのだが、宗教改革を通じてユダヤ人をキリスト教徒に改宗させるというもくろみが外れると、激しい憎悪に転じた。

 「当時はペストがはやればユダヤ人のせい、皇帝が破産すればユダヤ人のせい、とあらゆることでユダヤ人が…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1179文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです