メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルターの光と影

宗教改革500年/下 ユダヤ人迫害を扇動

 「第一にシナゴーグ(ユダヤ教礼拝堂)や学校に火をつけ、燃えない物は土で埋めよ」

 マルティン・ルターは1543年、「ユダヤ人と彼らのうそについて」という著書で、「キリスト教徒であることをたたえるため」としてユダヤ人迫害を扇動した。その20年前の著書ではユダヤ人差別を戒めていたのだが、宗教改革を通じてユダヤ人をキリスト教徒に改宗させるというもくろみが外れると、激しい憎悪に転じた。

 「当時はペストがはやればユダヤ人のせい、皇帝が破産すればユダヤ人のせい、とあらゆることでユダヤ人が…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1179文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]