メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所

番付発表 阿武咲、新小結

九州場所の番付発表で新小結昇進を喜ぶ阿武咲(左)と師匠の阿武松親方

 大相撲九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)の番付が30日、発表された。2場所ぶりに4横綱が初日にそろうかが注目される。新入幕から3場所連続10勝で敢闘賞2度の阿武咲が新小結に昇進。鹿児島・奄美大島出身の大奄美が新入幕を果たした。

 福岡市の阿武松部屋宿舎で記者会見した阿武咲は「小さい頃からの一つの目標であこがれだった。素直にうれしい」と喜びを語った。力強い押しを武器に5月の夏場所の新入幕から史上初の3場所連続2桁勝利を挙げた。21歳3カ月での新三役は平成以降初土俵の力士で6番目の若さ。昇進につながった自らの相撲について「一度幕下に落ちた時、師匠(元関脇・益荒雄の阿武松親方)から『一から頑張ればいい』と言われて、相撲を取る恐怖がなくなった」と分析した。

 師匠は初三役の小結に昇進した1987年の春場所で、2横綱、4大関を破る「益荒雄旋風」を起こした。九…

この記事は有料記事です。

残り2244文字(全文2628文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです