メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 王者の責任背負い前進=村田諒太

WBAミドル級王座を奪取し、喜ぶ村田=丸山博撮影

 (カットは直筆)

 皆様のおかげで、10月22日に行われた世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチの再戦でエンダム選手に勝利し、ベルトを巻くことができました。

 声援がこんなにも力になるものかと、試合中これほど強く感じたことはありませんでした。スポーツにおける応援の大切さ、応援してもらえる選手でいることの大切さを改めて感じています。高校時代の恩師は「勝った選手は負けた選手の分まで頑張らなければいけない」と教えてくれました。敵地に2度も来てくれたエンダム選手に感謝し、責任を背負って頑張っていきたいと思います。

 今回の試合に向けた練習は、常に良い状態だったかというとそうではなく、試合前の調子なら、前回の方が良…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1173文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです