メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

世代交代へ攻める新鋭=武藤久

 1年納めの九州場所の新番付で21歳の新鋭・阿武咲(おうのしょう)が新小結に昇進した。阿武咲は難読しこ名だが、三役に上がって番付のしこ名が大きくなり、人気も上昇してきた。

 所属する阿武松(おうのまつ)部屋は江戸時代に活躍した第6代横綱・阿武松が始まり。大相撲が題材になる芸能は少なくなく、長谷川伸の戯曲「一本刀土俵入り」は歌舞伎の演目にもなっている。また落語では、第4代横綱・谷風の人情相撲を語った「佐野山」、元は講談の「花筏(はないかだ)」がある。

 これらに負けずに有名なのがその名もずばりの「阿武松」で、これも講談から落語になった一席だ。大飯食ら…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文945文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです