メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

世代交代へ攻める新鋭=武藤久

 1年納めの九州場所の新番付で21歳の新鋭・阿武咲(おうのしょう)が新小結に昇進した。阿武咲は難読しこ名だが、三役に上がって番付のしこ名が大きくなり、人気も上昇してきた。

 所属する阿武松(おうのまつ)部屋は江戸時代に活躍した第6代横綱・阿武松が始まり。大相撲が題材になる芸能は少なくなく、長谷川伸の戯曲「一本刀土俵入り」は歌舞伎の演目にもなっている。また落語では、第4代横綱・谷風の人情相撲を語った「佐野山」、元は講談の「花筏(はないかだ)」がある。

 これらに負けずに有名なのがその名もずばりの「阿武松」で、これも講談から落語になった一席だ。大飯食ら…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文945文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです